診療案内

当院は歯内療法専門の医院です

カナルデンタルオフィスの特徴

  • 完全個室
  • 1回90分~120分の精密な治療(来院回数は1~3回程度)
  • マイクロスコープの使用
  • ラバーダム防湿
  • 安全安心の感染対策

自由診療です

保険診療との違い

  • 60分のカウンセリング
  • 治療時にラバーダム防湿(下の写真を参照)を使用し唾液を遮断。可能な限り無菌的状態を作ります。
  • 歯の中(根管)の汚れや細菌をマイクロスコープ(顕微鏡)を使用し時間をかけて可能な限り除去していきます。
  • 個人専用の治療器具(可能な限り使い捨て)

 

※ラバーダムとは…唾液中にはたくさんの細菌がいることをご存知ですか?治療する歯だけを露出させ、唾液の流入を阻止することで口の中にたくさん存在している細菌の侵入を防ぎます。特に根の治療では根の中を可能な限り無菌的にすることが目的である為、ラバーダムは必須です。治療器具の滅菌、消毒に関してはどの医院でも徹底していますが、肝心の治療する歯を無菌的状態に保つために使用されるラバーダムは多くの医院で使用されていません。

ラバーダム使用中の写真

image001

image002

写真は歯にラバーダムを装着した後、 歯の周りにパテを付け更に2種類の薬剤を塗布し、 術前の感染予防対策を終了した状態。これで唾液が入ってこなくなります。

 

成功率

世界中の根管治療に関する統計学的データを集計すると、成功率は70~90%となっています。

【ヒビ】【歯根の破折】【重度の歯周病】がなければ高い確率で治療が成功します。
細菌のコントロール(ラバーダム防湿など)と専門知識、治療技術がとても重要なカギとなります。

 

オートクレーブ滅菌(高圧蒸気滅菌)


高温、高圧の蒸気によって滅菌されます。
※滅菌とは…細菌やウイルスを完全に死滅させ無菌状態にすることです

 

根管治療器具


根管治療は可能な限り無菌に近い状態で行います。根管治療用の基本セットとファイルなど(根管の中に入れる器具)は全てパックに入れて滅菌します。また、可能な限りディスポーザブル(使い捨て)で行います。

 

当院ではデジタルレントゲンを導入しています


従来のアナログレントゲンと比べ放射線量が大幅に軽減されます。また、パソコンからも瞬時に閲覧できます。

CT(必要に応じてCT撮影を行い正確な診断をいたします)

IMG_3249